ワンちゃん用のお肉屋さん始めました!↓↓↓
集まれラブラドールブログ
愛犬に健康と食べる喜びを。

サイト内を検索します    Google
1lab.net を検索
WWW を検索

all about で
紹介されました。
その道のプロが、あなたをガイド。All About


トイレ-----

「ワンツー!ワンツー!ワンツー!・・・」

これ何の掛け声だかわかりますか?
(発音が悪いとか言わないでくださいね。)
ってもうタイトルでバレてますよね、そうですトイレの掛け声です。

これは盲導犬にこの合図で排泄させるために教える掛け声です。

パピーの頃からオシッコをするたびに「ワンツー、ワンツー・・・」と声をかけて、そのうち逆に「ワンツー」と声をかけたら用を足すようにしつけるわけです。

盲導犬が仕事中にところかまわず用を足していたら話になりません。
ですから、出かける前にオシッコをさせるために教えるのですね。

でもこれは、盲導犬だけに必要な話ではありません。
普通の家庭犬であっても、飼い主がトイレをコントロールできるのが理想です。
屋外屋内含めて、用を足しても良い場所だけでするようにしつけられれば、人にも迷惑をかけませんし、飼い主の方も楽です。

「犬のフンは持ち帰りましょう!」
なんて看板をよく見かけますが、もっともな話です。
それに人通りが多いところで用を足してしまうのは、持ち帰ったとしても考え物です。

「生理現象だから仕方がない」ではなくて、できればコントロールしたいものですね。
ラブラドールならそれも十分可能だと思います。

「散歩のページ」にも書きましたが、外でしかトイレができないからといって、雨の日も風の日も必ず散歩に行って用を足してくるというのもいかがなものかと思います。
そのような習慣にしてしまうからいけないのではないでしょうか。
家でトイレをさせればそれで済むわけですから。

なんて偉そうにいってますが、ウチも完璧にコントロールできているわけではありません。
盲導犬のマネをしてウチも「ワンツー、ワンツー」で教えました。(大も小も)
させたい場所でうまく出ないときもあります・・・
でも、しそうな時は動きでわかりますので、なるべく邪魔にならないところを選んでさせてます。

極端なことを言えば、家の中でだけトイレをさせるという手もあります。
外でしかできないよりは、かなりマシだと思います。
ただ、長時間外出する場合には外でもできないと困ってしまいますが・・・

トイレのしつけは、成犬になってからでも十分可能だそうです。
もし改善したい部分があるのなら、時間はかかるかもしれませんが、チャレンジする価値はあると思います。

 

   About Us | Site Map | Contact Us | ©2004 1lab.net ワンラブドットネット All Rights Reserved.